プロジェクト

全般

プロフィール

日本地図データ 基盤地図情報

国土交通省 国土地理院 基盤地図情報サイト

基盤地図情報は、平成19年に成立した地理空間情報活用推進基本法で規定され、国土地理院が中心となって整備され、インターネットで無償公開されている地理情報です。
(参照:国土地理院のWebページ「基盤地図情報とは 」より)

基盤地図情報の内容

情報の項目

  • 測量の基準点
  • 海岸線
  • 公共施設の境界線(道路区域界)
  • 公共施設の境界線(河川区域界)
  • 行政区画の境界線及び代表点
  • 道路縁
  • 河川堤防の表法肩の法線
  • 軌道の中心線
  • 標高点
  • 水涯線
  • 建築物の外周線
  • 市町村の町若しくは字の境界線及び代表点
  • 街区の境界線及び代表点

情報の精度

都市計画区域内 都市計画区域外
平面位置の誤差 2.5メートル以内 25メートル以内
高さの誤差 1.0メートル以内 5.0メートル以内

これは、都市計画区域内であれば1/2500縮尺に、都市計画区域外であれば1/25000縮尺に相当すると思われます。

基盤地図情報のデータ形式

ダウンロードについて

  • ダウンロードファイル形式はJPGIS(GML)形式です。
  • ダウンロードには利用者登録が必要です。
  • 費用は無償です。
  • ダウンロードファイルは2次メッシュ単位(縦5分、横7.5分、約10km四方)です。

ダウンロードするには、地図選択(地図上で2次メッシュを1つ1つクリックして選択)か県・市町村選択で対象2次メッシュおよび地図情報項目を指定してダウンロードします。
2次メッシュは5000個近くあるので、日本全国をダウンロードするのはかなり手間です。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)