プロジェクト

全般

プロフィール

NetBeans 8.0セットアップ

NetBeans公式サイト

NetBeans IDE 8.0リリース情報(日本語)
NetBeans IDE 8.0リリースノート(日本語)
NetBeans IDE 8.0のインストール手順(日本語)

オフライン環境でのインストール

インターネットへの接続ができない環境(オフライン環境)でのインストールについて補足します。

JUnitモジュールのインストール

NetBeansをインストールする途中で、JUnitのライセンス画面が表示され、選択肢に[ライセンス契約条件に同意する。JUnitをインストール]があるのでチェックをしても、インストール環境がインターネットに接続されていないとJUnitがインストールされません。そこで、JUnitのモジュールとJunitをインターネット接続環境で別途ダウンロードしておき、ダウンロードしたファイルを少々修正してからインストールします。

FindBugs Integrationモジュールのインストール

NetBeansのアップデートサイトから次のモジュールをダウンロードし、インストールしたところ、インストール中にインターネットアクセスを要求しインストールできませんでした。

  • org-netbeans-libs-findbugs.nbm
  • org-netbeans-modules-findbugs.nbm

これも、上述のJUnitモジュールと同様の方法で修正することでインストールが可能になります。

モジュールの取得方法

オンラインで適用するプラグイン・モジュール

インターネットへの接続ができる環境で、プラグインをインストールすると、裏でNetBeansが次のディレクトリにモジュールファイルをダウンロードしています。

APPDATA\NetBeans\<バージョン>\update\download\

ただし、更新のためNetBeansを再起動してモジュールを適用次第削除されてしまいます。
また、更新のための再起動が不要なモジュールの場合、このディレクトリには保存されない(適用次第削除?)ようです。

セットアップ補足

NetBeans IDEはインストーラにしたがってインストールすれば大概うまくいくので、補足設定について記述します。

JavaFX Scene Builder起動設定

Gloun版 JavaFX Scene Builderを起動

JavaFX Scene Builderは、Oracleからのバイナリ版提供はバージョン2.0(Java SE 8 GA版)を最後に停止となり、Gluon社がバージョン8.0.0(Java SE 8u40版)の各OS向けバイナリを以下のURLで提供しています。
http://gluonhq.com/open-source/scene-builder/

キャッシュディレクトリの指定

NetBeans IDEが使用するキャッシュディレクトリは、デフォルトではユーザーのホームディレクトリ下の領域ですが、SSD、RAMディスクなどの高速なディスクデバイスがあれば、そこへ変更すると動作がきびきびします。
キャッシュディレクトリを指定する方法は、コマンドラインオプションか、設定ファイルへコマンドラインオプションを追記するかです。

Windows OS

NetBeans IDEのショートカットのリンク先にコマンドラインオプションを追記します。

cachedir_in_shortcut.png (ショートカットにcachedirオプション指定)

Java SE 8の日本語APIドキュメント参照

2014-05-22にJava SE 8の日本語APIドキュメントが公開されたので、Java SE 8のJavadoc参照先を日本語にします。

  • [ツール]メニュー > [Javaプラットフォーム]で「Javaプラットフォーム・マネージャ」ダイアログを開きます。
  • プラットフォーム欄でJDK 1.8(デフォルト)を選択し、右側[Javadoc]タブを選択し、[URLの追加]ボタンを押します。
  • 「URLの追加」ダイアログが開くので、URL欄に[http://docs.oracle.com/javase/jp/8/api/]を入力します。
  • 「Javaプラットフォーム・マネージャ」ダイアログの右側プラットフォームJavadoc欄で、今入力したURLを選択し、[上へ移動]ボタンで一番上に移動させます。

Java SE 8のJavaFXドキュメント

Windows OS

Java SE 8でNetBeansを動かすときに、デフォルトのJavaプラットフォームがJDK 1.8になりますが、Javadocの設定が次のようになっています。

C:\Program Files\Java\jdk1.8.0\docs
http://docs.oracle.com/javafx/2/api/

と、JavaFXのAPIがJavaFX 8ではなくJavaFX 2.2のものとなっています。そこでJavaFXのAPI参照を次に変更します。
http://docs.oracle.com/javase/8/javafx/api/

あるいは、ローカルマシンにJavaFX APIドキュメントをインストールしていればそれを参照するようにします。

フォントおよびテーマ設定

ネイティブインストーラ作成

Java SEアプリケーションを、OSに固有のネイティブインストーラとして生成します。

Windows OS用インストーラ作成

Windows OSへ開発したJavaアプリケーションをインストールするために、Microsoft Installer(MSI)形式およびInnoSetupツールのEXE形式が選択できます。

MSI形式を生成するための設定
  • Wix Toolsetのインストール

WiX ページを参照ください。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)