プロジェクト

全般

プロフィール

OpenJDK

はじめに

本記事は、2018年9月にリリースされた Java SE 11以降の状況を記載しています。

OpenJDKとは

Java の実行環境と開発環境である Java SE Development Kit のオープンソース開発プロジェクトでOracleにスポンサーされています。
ライセンスはGPLv2+Classpath Exceptionで提供されます。

OpenJDKバイナリ

OpenJDKバイナリ提供組織と内容一覧

この OpenJDK のソースコードをビルドしたバイナリ版が様々な組織から提供されています。

組織名 OpenJDK バイナリ名 Linux Windows MacOS ライセンス 長期サポート JavaFX対応
Oracle Oracle JDK 商用ライセンス *1 N/A
(Oracle)OpenJDK GPLv2 クラスパス例外 N/A N/A
AdoptOpenJDK AdoptOpenJDK GPLv2 クラスパス例外 N/A
Azul Systems Zulu GPLv2 クラスパス例外 N/A
ZuluFX GPLv2 クラスパス例外 <調査中>
Red Hat (Red Hat)OpenJDK N/A <調査中> 2 N/A
Amazon Corretto GPLv2 クラスパス例外 N/A
BellSoft Liberica JDK GPLv2 クラスパス例外
  • *1) 個人利用または組織での開発用途で無償利用可能な OTNライセンス(Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SE)あり。
    https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/license/javase-license.html
  • *2) Linux(RHEL)上でのOpenJDKは、RHELサブスクリプションに基づく使用。Red Hatミドルウェア以外でWindows上での実行(Java workload)には追加のサブスクリプション必要。Java workloadに開発用途が含まれるかどうかは調査中。

Oracle JDK

オープンソースのOpenJDKをOracle社がビルドしたバイナリを、有償のJava SEサブスクリプションで技術サポートと共に提供しています。
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

なお、個人利用と開発用途(開発・試験・プロトタイプ・デモ)は別途 OTN License Agreement for Oracle Java SE で無償利用できます。

Oracle OpenJDK

オープンソースのOpenJDKをOracle社がビルドしたバイナリを無償提供しています。
OpenJDK 11バイナリ公開サイト
OpenJDK 12バイナリ公開サイト
OpenJDKバイナリの過去アーカイブ(OpenJDK 9以降)

Zulu, ZuluFX(Azul Systems社)

オープンソースのOpenJDKをAzul Systems社が自前ビルドしたバイナリを無償提供し、また有償の技術サポートを提供しています。
https://www.azul.com/products/zulu-and-zulu-enterprise/

  • Oracle JDK、OpenJDK公式では提供されていない32bit版も用意されています。
  • JavaFXを同梱したOpenJDKが提供されています。2019年2月3日時点で、OpenJDK 8およびOpenJDK 11のJavaFX同梱版が提供されています。
    https://www.azul.com/downloads/zulu/zulufx/

AdoptOpenJDK(AdoptOpenJDK Foundation)

オープンソースのOpenJDKを、AdoptOpenJDKファウンデーションが自前ビルドしたバイナリを無償提供しています。
https://adoptopenjdk.net/

AdoptOpenJDKファウンデーションは、IBM、Azul Systems、Microsoft Azure、Pivotal等の企業が複数スポンサーとなっています。

Liberica JDK (BellSoft社)

オープンソースのOpenJDKをBellSoft社が自前ビルドしたバイナリを無償提供し、また有償の技術サポートを提供しています。
https://bell-sw.com/java.html

  • JavaFXを同梱しています。
  • Windows, Linux x86, Linux ARM OS向けには64bit版に加えて32bit版を提供しています。

Red Hat OpenJDK (Red Hat社)

オープンソースのOpenJDKをRed Hat社が自前ビルドしたバイナリを、Red Hat Enterprise Linux ディストリビューションに含めています。

その他、Windows版のOpenJDKを提供しています。こちらはサブスクリプション契約が必要になる模様

For other Java workloads on Windows (non-Red Hat Middleware), an additional subscription for OpenJDK on Windows is required.

https://developers.redhat.com/products/openjdk/download/

Windows版のOpenJDK 8は2023年6月まで、同OpenJDK 11は2024年10月までのサポートです。

Amazon Corretto

オープンソースのOpenJDKをAmazon社が自前ビルドしたバイナリを無償提供しています。
https://aws.amazon.com/jp/corretto/

提供バージョンは、LTSとなる8、11で、非LTSバージョンは提供されません。セキュリティアップデートは長期間提供される予定です(Corretto 8の場合は2023年6月)。

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)