プロジェクト

全般

プロフィール

Subversion

分散リポジトリ管理方式のツールが台頭してきてますが、集中リポジトリ管理が必要な局面では操作の簡便さからまだ使いどころがあります。

Subversionのバージョンと機能

1.7

  • HTTP v2(CL/SV)
  • ワーキングコピー刷新(CL)
    .svnがトップディレクトリのみで済む。.svnの中身がSQLiteベース
  • svndump(CL/SV)
  • svnpatch(CL)

1.8

  • svn moveが真の移動に
    以前は、内部的にコピーと削除の組み合わせで実現されていた
  • 統合マージの自動判定
  • プロパティの継承
  • GnuPG Agentのパスワードをメモリキャッシュ
  • FSFSのサイズと性能改善
  • 認証ファイルをリポジトリ内に管理可能
  • svn-bench
    ベンチマークツール
  • fsfs-stats

Subversionツール

Windows環境

TortoiseSVN

SmartSVN

Linux環境

CentOS

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 1 GB)