プロジェクト

全般

プロフィール

機能 #166

未完了

Androidアプリケーション(検温記録)を古典MVC構造で作成する(Kotlin編)

高橋 徹 さんがほぼ4年前に追加. 3年以上前に更新.

ステータス:
解決
優先度:
通常
担当者:
カテゴリ:
Android
対象バージョン:
-
開始日:
2020/09/12
期日:
進捗率:

80%

予定工数:

説明

[#165]の仕様で、Kotlin言語で実装する。

開発環境は次

OS Windows 10 1909 Pro 64bit 日本語版
IDE Android Studio 4.0.1

結果

リポジトリ
source:learn/android/TempRecorderClassicKt

ファイル毎のコード行数(clocツール調べ)

No. ファイル名 コード行数 Java版のコード行数
1 TempProvider.kt 77 74
2 MainActivity.kt 72 100
3 TempAdapter.kt 47 85
4 TempDbHelper.kt 21 30
5 TempContract.kt 18 13

今後の課題

  • 同一アプリのContentProviderが失われたとき、Activityは一緒に失われるかどうか。
  • Cursorはいつどこでcloseすべきか。

ファイル


関連するチケット 2 (2件未完了0件完了)

関連している 機能 #165: Androidアプリケーション(検温記録)を古典MVC構造で作成するフィードバック高橋 徹2020/08/31

操作
関連している 機能 #167: Androidアプリケーション(検温記録)をJetPackを用いたMVVM構造で作成する(Kotlin編)解決高橋 徹2020/09/27

操作

他の形式にエクスポート: Atom PDF