プロジェクト

全般

プロフィール

Oracle JDKに関するつれづれ

高橋 徹 さんが2年以上前に追加

Oracle JDK に関するつれづれ


返答 (3)

Oracle JDK日本語ドキュメント - 高橋 徹 さんが2年以上前に追加

Oracle JDKの日本語ドキュメントは、次の種類があります。

  1. オンライン参照ドキュメント
  2. ダウンロード用にアーカイブされたドキュメント

Java SE 日本語ドキュメント|Oracle

ダウンロード用アーカイブがいつ更新されたものかをcurlコマンドで調べるメモ

curlコマンドで、ヘッダー情報を取得し、Last-Modified 項目を見ると更新日が分かります。
ダウンロードURLがパーマネントリンクの場合、-IオプションではLast-Modified属性が確認できません。
その場合、-Lオプションを追加します。

バージョン8のZIP(日本語)の更新日時を確認する例を次に示します。
Last-Modified: Tue, 02 Sep 2014 05:05:28 GMT となっており、2014年9月2日付けで更新されたものと分かります。

D:\work> curl -I -L http://docs.oracle.com/javase/jp/8.zip
HTTP/1.1 301 Moved Permanently
Server: AkamaiGHost
Content-Length: 0
Location: https://docs.oracle.com/javase/jp/8.zip
Date: Tue, 26 Oct 2021 08:57:30 GMT
Connection: keep-alive

HTTP/1.1 200 OK
Server: AkamaiGHost
Mime-Version: 1.0
Accept-Ranges: bytes
Content-Type: application/zip
ETag: "0c381198b450e611a6d754197306699e:1411398304" 
Last-Modified: Tue, 02 Sep 2014 05:05:28 GMT
Content-Length: 97527679
Expires: Tue, 26 Oct 2021 08:57:31 GMT
Date: Tue, 26 Oct 2021 08:57:31 GMT
Connection: keep-alive

Oracle JDKのインストーラー(Windows) - 高橋 徹 さんが約1年前に追加

最近のOracle JDK Windows版 MSI形式のファイルは、JDKのメジャーバージョンまでしかファイル名に含まれないので、アップデート版の新しいMIS形式ファイルをダウンロードしても前のバージョンと同じファイル名になってしまいます。

例)jdk-20_windows-x64_bin.msi

そこで、手作業で、jdk-20.0.1_windows-x64_bin.msi とファイル名を修正して保管しています。
Explorerでファイルのプロパティを見ると、件名の値に「Java(TM) SE Development Kit 20.0.1(64-bit)」とあるので、ファイル名を変えなくてもチェックは可能です。

Oracle JDK 1.8 update 371

インストーラー版をインストールすると、C:\Program Files\Java\jdk-8 ディレクトリにインストールされました。
以前は確か C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_351のようにアップデート番号付きディレクトリだったはず。
JDK 1.8の複数アップデートをインストールするときはディレクトリが重なってしまいます。

インストーラーでインストール先を手動で指定するとよいのかも。

javacのデバッグ情報オプション(-g) - 高橋 徹 さんが約1年前に追加

javac(Javaコンパイラ)コマンドは、デバッグ情報に何を含めるかを指定する -g オプションがあります。
JDK 17のツールドキュメントによれば、
https://docs.oracle.com/javase/jp/17/docs/specs/man/javac.html#options

-gオプション:全てのデバッグ情報を含める
-g:none オプション:デバッグ情報を含めない
-g:[lines,vars,source]:指定したデバッグ情報(行番号、ローカル変数、ソースファイル情報)を含める
-gオプション指定無し:linesとsourceを指定したデバッグ情報を含める

    (1-3/3)