プロジェクト

全般

プロフィール

ArcGIS Runtime

ArcGIS for Desktop、for Serverなどの機能を実現するArcObjects(Microsoft COMベースのライブラリ集)とは別に、機能を絞って新たに開発されたライブラリがArcGIS Runtimeです。モバイル端末(Android、iOSなど)やデスクトップ・組込み(Silverlight、WPF、Qt、Java)用のアプリケーションを主な対象としています。

ArcGIS Runtime一覧

ライセンス

ArcGIS Runtime SDKの開発に必要なライセンスは、無償の"ArcGIS for Developers"登録をすれば入手できます。
ArcGIS Runtime SDKを用いて開発したアプリケーションの配布には、別途配布用ライセンスが必要です。

開発ライセンス

ESRIジャパンFAQより引用

ArcGIS for Developers開発者アカウントに登録すれば無償で開発および評価することができます。

https://developers.arcgis.com

配布ライセンス

配布ライセンスには次の種類があります。

  • Basic配布ライセンス
    無償、ただしローカルデータ、高度なGISの解析機能は利用できない
  • Standard配布ライセンス
    有償、
  • エクステンション配布ライセンス
    有償、Standard配布ライセンスに追加して高度なジオプロセシングツールを実行可能とする
    • Spatial Analyst
    • 3D Analyst
    • Network Analyst

Standard配布ライセンスは、アプリケーションプログラムごとに必要なので1台のマシンで異なる複数のArcGIS Runtimeアプリケーションを動かすなら3ライセンス必要となります。

製品動向

バージョンとリリース時期

リリース Java WPF .NET Qt OS X iOS Android Xamarin
2012-06 1.0 1.0
2013-01 10.1.1 10.1.1
2013-11 10.2 10.2 10.2
2014-03 10.2.2 10.2.2
2014-04 10.2.3 10.2.3 10.2.3
2014-05 10.2.3 10.2.3 beta
2014-10 10.2.4 beta 10.2.4 10.2.4 10.2.4
2015-01 10.2.5 10.2.5
2015-02 廃止 10.2.5 10.2.5
2015-05 10.2.6
2015-06 10.2.6 10.2.6.1/2
2015-07 10.2.6
2015-10 10.2.7
2016-02 10.2.7
  • 10.2.1は欠番

ArcGIS Runtime SDK for WPFの今後

現在リリースされているArcGIS Runtime SDK for WPFは、製品の見直しが行われ、Windows Storeアプリケーション、Windows Phoneアプリケーション、そしてWindows Desktopアプリケーションの3つを作成できるArcGIS Runtime SDK for .NETとして製品化されました。APIも異なっているようです。
http://blogs.esri.com/esri/arcgis/2013/07/05/the-history-and-future-of-the-arcgis-sdks-for-net/

ESRIジャパンのArcGISブログでも言及があります。
http://blog.esrij.com/arcgisblog/2014/04/windows-arcgis--873b.html

ArcObjectsとArcGIS Runtimeの使い分け

http://blogs.esri.com/esri/arcgis/2012/12/07/arcobjects-or-runtime-sdk/

  • Javaで開発するなら、ArcGIS Runtime SDK for Javaがよい感じです。
  • .NETで開発するなら、アプリケーションが必要とする機能によりけりです。
    • 3D可視化はRuntimeでは 不可 次バージョンで搭載(現行機能でRuntimeに3D Analystはあるけれど解析機能のみ利用可)
    • ジオデータベースの管理や複雑なフィーチャを扱いたければArcObjectsが最適、Runtimeはジオデータベースの読み込みは全機能対応だが編集・更新はシンプルフィーチャのみ対応
    • 地図編集やカートグラフィック機能を持たせるならArcObjects
    • エクステンションの充実はArcObjects

ArcGIS Runtimeアプリケーション用ローカルパッケージの作成

ArcGIS Runtimeアプリケーションがローカルの地図データを使用する場合、次の形式のファイルを用意する必要があります。

  • マップパッケージ(.mpk)
  • タイルパッケージ(.tpk)
  • ジオプロセッシングパッケージ(.gpk)

これらは、ArcGIS for Desktopで作成することができます。

ArcGIS for DesktopでRuntime用パッケージの作成