プロジェクト

全般

プロフィール

自作PC M2N SLI Deluxe

デュアルコア時代に入って、それまでは2つ以上のソケットを持つ高価なマザーボードに、高価なCPUを2つ買う必要があったのが、
1つのCPUで複数コアが実現できるようになって安く作れるようになった。

2006年8月2日 組立
部品購入場所は、秋葉原T-Zone

2013年6月15日 故障

構成一覧

項目 内容 備考
M/B ASUS M2N-SLI Deluxe
CPU Athlon 64X2 4200+ TDP65W
Memory Corsair CM2X1024-6400 1GB x 2
HDD HDT722525DLA380(250GB, 7200rpm, disk/head, SATA2)
VGA Leadtek WinFast PX7600GS TDH 256MB HP(GeForce 7600GS)
電源 Abee AS Power ER-2520A

構成詳細

M/B

フォームファクタ:ATX
CPUスロット:Socket AM2
チップセット:nVIDIA nForce 570 SLI MCP
メモリスロット:DDR2 x 4 (ECC/non-ECC DDR2 800/667/533 MHz) 最大8GB
Serial ATA:SATA3.0G
IDE:Ultra ATA 133

改修履歴

CPU換装

AMD Phenom x4 9750

メモリ増設

Patriot DDR2 800MHz 2GBx2

HDD増設

HGST HDT725032VLA360(320GB, 7200rpm, SATA2, 16MB)

HDD増設

Western Digital WD10EARS(1TB, 7200rpm, SATA2, 64MB)

電源換装

故障による
2010年2月14日
Owltech Everest 85

M/B障害(修復せず)

2013年6月15日
CentOS 6 のrtcwakeでスリープ状態に入れたが、復帰せず。
電源LEDは点滅状態。
電源ボタン長押ししたが反応なし
リセットボタン押したが反応なし
電源ケーブルを抜いて、再度入れたところ、電源ONせず
筐体を開けてM/Bを見たが通電LEDは消灯のまま
電源故障を疑い、稼動しているPCの電源を外して持ってきて換装したが、電源ONせず
このときM/Bの通電LEDは消灯のまま
障害を疑った電源を別PCに持っていって通電確認したらOKだった
この段階でM/B障害と断定