プロジェクト

全般

プロフィール

CentOS 6でカーネルブートオプションの指定

シリアルコンソール接続の指定

カーネルのブートオプションでシリアルコンソール接続を受け入れる設定をします。

  • /etc/grub.confにカーネルオプションを追記します。
    title CentOS (2.6.32-431.5.1.el6.x86_64)
            root (hd0,0)
            kernel /vmlinuz-2.6.32-431.5.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/vg_cisterna-lv_root rd_NO_LUKS 
    rhgb rd_NO_MD quiet rd_LVM_LV=vg_cisterna/lv_swap crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 
    rd_LVM_LV=vg_cisterna/lv_root LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_DM console=tty0 console=ttyS0,115200n8
    

上記の最後の部分の次の記述が追加事項です。

 console=tty0 console=ttyS0,115200n8

  • 115200 はボーレートです。実機に合わせて設定します(BIOS設定と整合させる)。
  • n はパリティビットなしを示します。実機に合わせて設定します。
    • n: なし、o: 偶数、e: 奇数
  • 8 はビット数を示します。実機に合わせて設定します。
  • 8の次にアルファベット'r'がないとフロー制御なしを示します。実機に合わせて設定します。
    • なし: フロー制御なし、r: RTS制御(ハードウェアフロー制御)