プロジェクト

全般

プロフィール

Diff on mac

調査

macで使えるdiffツール

  • 標準ではコマンドラインツール diff が使えます
    • colordiffを追加インストールすると見やすくなります(Homebrewからインストール可)
  • Homebrewでdiffで検索するとCasksから difffork, diffmerge, kdiff3, ksdiff が使えます
    • DiffForkは古い(2011年)のでM1には非対応か、また一時商用製品だったように見える
    • DiffMergeはクロスプラットフォーム対応、M1には非対応
    • KDiff3はクロスプラットフォーム対応、macOS版もあるがM1は非対応らしき
  • Meld クロスプラットフォームツール対応、M1には非対応
  • Appleの標準開発ツールXcodeに含まれる FileMerge、M1対応
  • VisualDiffer、M1対応
  • テキストエディタ、ソフトウェア統合開発環境などに含まれる差分表示機能
  • 商用製品も多数あり。
    • Beyond Compare(Pro $60, Standard $30)
    • DeltaWalker (Oro $90, Pro $60, Standard $40)
    • CompareMerge($13.99)
      機能制限のある無料版あり。M1には非対応らしき

M1プロセッサ非対応なツールは、Rosetta2でIntelプロセッサコードからM1プロセッサコードへの変換処理が入るので遅くなる

インストール・設定

コマンドライン環境

colordiffを使う

Homebrewでインストールできます。 brew install colordiff

colordiffコマンドを明示的に打って実行するか、aliasでdiffで実行します。aliasでdiffをcolordiffに設定する設定を次に示します。

  • .zshrc
    if [[-x `which colordiff` ]]; then
         alias diff = colordiff
    fi