プロジェクト

全般

プロフィール

NetBeans を実行するJDKの指定

NetBeans IDEを実行するには、Java SEの実行環境が必要です。

NetBeansを動かすJDKの設定

複数バージョンのJDKがインストールされている場合、意図したJDK上でNetBeans IDEが動くとは限りません。
例えば、JDK 8(JRE 8)とJDK 10、JDK 11がインストールされたWindows OS上でNetBeans IDEの実行ファイルを実行すると、設定によっては最新のJDK 11ではなく、JDK 8上でNetBeansが実行されます。
そこで、意図したJDKバージョンでNetBeans IDEを実行するには、次のいずれかの方法でNetBeansを実行するJDKのパスを設定します。

  1. NetBeansの環境設定ファイルにJDKのパスを記述
  2. NetBeansの実行コマンドのコマンドラインオプションにJDKのパスを記述

NetBeansの環境設定ファイルにJDKのパスを記述

NetBeansの環境設定ファイルは次にあります。

NetBeans IDEインストールディレクトリ
  +-- etc
        +-- netbeans.conf

NetBeansを動かすJDKに、JDK 11を使用する場合の記述例を次似示します。

netbeans_jdkhome="C:\Program Files\Java\jdk-11" 

NetBeansのコマンドラインオプションにJDKのパスを記述

NetBeans実行ファイルのコマンドラインオプションにJDKのパスを指定します。

D:\work> D:\tools\netbeans\bin\netbeans64.exe --jdkhome "C:\Program Files\Java\jdk-11" 

コマンドラインから実行するのが手間ならば、ショートカットを作ってコマンドラインオプションを指定します。NetBeans実行ファイルのショートカットを作成し、リンク先に次のように記述します。

shortcut-1.png