プロジェクト

全般

プロフィール

バージョン番号の付与

ソフトウェアのリリース管理の重要な要素にバージョン番号があります。

バージョン番号の付与体系

セマンティックバージョニング

特にオープンソースソフトウェアで使われるバージョン番号体系を仕様書として規定したものが「セマンティックバージョニング(Semantic Versioning)です。

Semantic Versioning (日本語訳)

3つのID(メジャーバージョン番号、マイナーバージョン番号、パッチバージョン番号)の組み合わせでバージョン番号を表現します。依存関係の確認、後方互換性の確認をバージョン番号で行えるようにしたものです。

  • 後方互換性を維持しないAPIの変更→メジャーバージョンのインクリメント
  • 後方互換性を維持するAPIの変更→マイナーバージョンのインクリメント
  • APIに影響しない変更→パッチバージョンのインクリメント

セマンティックバージョニングの例題集

開発途上のバージョン番号
  • 0.1.1 メジャーバージョン番号が0は初期の開発に限定(APIは常に変化する可能性を表す)
  • 1.0.0-alpha.1, 1.0.0-beta.2, @1.0.0-rc.1 プレリリースの例
ビルド番号を付与
  • 1.0.9+3921 バージョン1.0.9はビルド番号3921
正式バージョン
  • 1.2.3