プロジェクト

全般

プロフィール

ArcGIS for Desktopで画像データの書き出し

メモ

投影変換して表示されている地図を画像ファイルに書き出し

ラスターデーターを画像ファイルに書き出し

  • ラスターデーターのレイヤーを右クリックし、[データ] > [データーのエクスポート] をクリック
  • 書き出し範囲を選択
    現在のデータフレームは、表示されている範囲
    元のラスターデーターセットは、データのある範囲
  • 空間参照を選択
    現在のデータフレームは、データフレームに設定されている空間参照(地理座標系・投影座標系)
    元のラスターデーターセットは、ラスターデーターに設定されている空間参照(通常は地理座標系)
  • 出力ラスターで、レンダリングを使用にチェックをすると現在表示されている画像で書き出し、正方形にチェックをすると画像の画素の縦横比が1:1に
    → 正方形にチェックを付けないと、生成された画像がArcMapに表示されている縦横比と違ってしまいます