プロジェクト

全般

プロフィール

ArcGIS for Desktopで画像データの読み込み

ジオリファレンスのない画像データの読み込み

問題点

ジオリファレンスのない画像データを読み込むと、かなりぶっとんだ座標に表示されてしまいます。
例えば、8192x4096の画像ファイルを読み込むと、緯度経度としてマッピングされると、世界をはるかに超えた範囲(左上が緯度経度0度、右下が緯度経度-4095度、8191度)となってしまいます。

また、レクティファイで位置合わせをしようとした際、リファレンスとなるちゃんとした緯度経度の地図を読み込むと、あまりに位置・縮尺が違い過ぎてポイントできませんでした。

解決策

ジオリファレンスを指定するワールドファイルをテキストで作成してしまいます。
ワールドファイルは、画像ファイルと同じファイル名で拡張子をちょっと修正します。

画像ファイル拡張子 ワールドファイル拡張子
alfa.png alfa.pgw
alfa.tif alfa.tfw

ワールドファイルの構造

6行のテキストで構成されます。各行は、座標変換式(アフィン変換)の係数です。

$ x' = Ax + By + C $

$ y' = Dx + Ey + F $

このA,B,C,D,E,Fを次の順でテキストで記載したものがワールドファイルです。

A
D
B
E
C
F

例えば、8192x4096の画像ファイルを、経度-180~180、緯度-90~90に対応させる場合、アフィン変換式は次となります。

$ x' = \frac{360}{8192} x - 180 $

$ y' = \frac{180}{4096} y + 90 $

0.0439453125
0.0000000000
0.0000000000
-0.0439453125
-180
90