プロジェクト

全般

プロフィール

CentOS 6を仮想化ホスト用にインストール

CentOS 6.5(64bit版)を、仮想化ホスト用として計算機にネイティブにインストールしたときのメモです。

インストール用メディアを用意

CentOS 6は、DVD用イメージファイルを幾種類か提供しています。

  • LiveCD用(650MB)
  • LiveDVD用(1.7GB)
  • minimalインストール用(400MB)
  • ネットワークインストール用(250MB)
  • フルインストール用(4.2GB + 1.2GB)

今回はフルインストール用(DVD2枚組み)を用意します。

ISOイメージファイルのダウンロード

CentOSミラーサイトからiso形式のファイルをダウンロードします。今回はミラーサイトの1つからダウンロードしました。
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.5/isos/x86_64/

  • CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso
  • CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD2.iso

それぞれDVDに書き込みします。

インストール

PCを起動しBIOS画面またはブートメニュー画面に入ります。
DVD1をPCのDVDドライブに挿入し、DVDドライブからブートします。

CentOSのブートメニューが表示されます。

Install or upgrade an existing syste
Install system with basic video driver
Rescue installed system
Boot from local drive
Memory test

昨今のPCだとCentOSインストーラのグラフィックスが対応していないので、2番目の[Install system with basic video driver]を選びます。
少々時間がかかり、起動します。

インストールメモ

  • media testは[Skip]する
  • どのタイプのインストールをしますか? で[カスタムレイアウトを作成する]を選択
    • /boot に200MB
    • swapに18000MB(Red Hat Enterprise Linuxドキュメントより、物理メモリが2GBを越える場合、物理メモリサイズ+2GBが推奨値)
    • / に1800000MB(3TBのHDDのうち、余剰1TBと上述の/boot、swapに割り当てた残り)
  • 追加のソフトウェアの選択
    • [Virtual Host]
                                                                                           
      h4. 2TB以上のHDD

HDDの制約 2TBの壁に記載したように、2TBを超えるHDDにCentOSをインストールするときは留意が必要です。

  • ファイルシステムext3は、最大ファイルサイズ2TB, 最大ファイルシステムサイズ16TBという制約がある
  • /boot/efiが作成されていれば、UEFI/GPTサポートによるインストールがされている                
                                             
    h3. KVMゲストのイメージをコピー
  • /var/lib/libvirt/images/下に、xxxxx.imgをコピー
  • /etc/libvirt/qemu/下に、xxxxx.xmlをコピー
  • virsh defineコマンドで、上述のxxxxx.xmlへのパスをオプションに指定し実行