プロジェクト

全般

プロフィール

GitHubの使い方

こんなときどうするの

リポジトリへのアクセスの認証

2023年以降、パスワード認証が廃止されたので、リポジトリへのアクセスは別な手段を用いる必要があります。

パーソナルアクセストークン

コマンドラインで、GitHubリポジトリへgit pushをする場合、認証にはアクセストークンを使用します。

  • Fine-grained personal access token
  • personal access token (classic)

前者は、特定のリポジトリに限定したアクセスや特定のアクセス許可を細かく設定できます。ただし、現時点では一部利用できない機能(REST APIの一部)があるようです。
後者は以前から用意されていたものです。
アクセストークンは、発行時にのみ内容を確認できます。忘れずにトークンをコピーして安全な場所に保管しておきます。発行時の画面から移動してしまうと、トークンを知ることができません。コピーを忘れてしまった場合は新たに発行し直します。

リポジトリ管理

フォークしたリポジトリをオリジナルに追随させたい

GitHub上で直接は追随できないので、GitHub上でフォークしたリポジトリからクローンしたローカルリポジトリ上で次の操作を行います。

  • ローカルリポジトリにフォーク元のリポジトリを指す識別名(例:upstream)とURLをリモートリポジトリに追加設定する
    git remote add upstream https://github.com/<オリジナル所有者>/<オリジナルリポジトリ名>
  • ローカルリポジトリでupstreamからpull(もしくはfetch & merge)
    git pull upstream
  • ローカルリポジトリからGitHub上でフォークしたリポジトリへpush
    git push origin master

フォークしたリポジトリに手を入れてなければ、いったん削除して再度フォークする手もあります。


22日前に更新