プロジェクト

全般

プロフィール

Intel C++ Composer

バージョン情報

販売バージョン一覧

  • Intel Parallel Studio XE 2016 Composer Edition for C++ (2015.08.17)
  • Intel Parallel Studio XE 2015 Composer Edition for C++ (2014.7.24)
  • Intel C++ Composer XE 2013 SP1 (2013.7.29)
  • Intel C++ Composer XE 2013 (2012.7.26)
  • Intel C++ Composer XE 2011

詳細バージョン

バージョン リリース日 Compiler MKL IPP TBB MPI
XE 2013 初版 2012-09-28 13.0 Update 1 11.0 Update 1 7.1 Update 1 4.1 Update 1 4.1
XE 2013 Update 1 2012-12 13.0 Update 1
XE 2013 Update 2 2013-02
XE 2013 Update 3 2013-03 13.1 11.0 Update 3 4.1 Update 3
XE 2013 Update 4 2013-06-25
XE 2013 SP1 初版 2013-07-16 14.0.0 11.1 8.0 Update 1 4.2 4.1 Update 1
XE 2013 SP1 Update 1 2013-10-25 14.0.1 11.1 Update 1 8.0 Update 1 4.2 Update 1 4.1 Update 3
XE 2013 SP1 Update 2 2014-01-23 14.0.2 11.1 Update 2 8.1 4.2 Update 3
XE 2013 SP1 Update 3 2014-04-09 14.0.3 11.1 Update 3 8.1 Update 1 4.2 Update 4
XE 2013 SP1 Update 4 2014-08-14 14.0.4 11.1 Update 4 8.1 Update 1 4.2 Update 5
XE 2015 初版 2014-08-18 15.0 11.2 8.2 4.3 5.0 Update 1
XE 2015 Update 5 2015-08-05 15.? 11.2 Update 4 8.2 Update 3 4.3 Update 6 5.0 Update 3 (049)
XE 2016 初版 2015-08-15 16.? 11.3 9.0 4.4 5.1 Update 1

Updateリリースについて

Updateは、バグ修正、ライブラリのバージョンアップ

トピック

2016

  • C11標準サポート追加(Unicode文字列、無名共用体)
  • C11キーワード対応(_Alignas, _Alignof, _Static_assert, _Thread_local, _Noreturn, _Generic)
  • C++14対応(ジェネリック・ラムダ、汎用ラムダ・キャプチャ、数値区切り、deprecated属性)
  • Skylate、Knight Landing、AVX-512
  • OpenMP 4.0(SSEとAVX)
  • Intel IPP AVX2命令最適化ほか

2015(Ver.15)

  • Skylake、Broadwell向け最適化
  • 小さな行列と大きな演算問題を高速処理
  • C++11、Fortran 2003フルサポート
    • Alignment, Inheriting constructors, User-defined literals, Reworded sequence points, quick_exit, memory model, atomics in signal handlers, Thread-local storage, Data-dependency ordering, Extended integer types
    • C++11完全対応にはGCC 4.8以降も必要
  • OpenMP 4.0ベクトル化(SIMD命令)、すべての機能サポート
  • コンパイラの最適化レポートの改善
  • MPI-3.0標準をサポートするインテルMPIライブラリ5.0 Update 1
  • インテル・デバッガーが廃止され、替わりにインテル拡張GDBが搭載
  • MKLにParallel Direct Sparse Solver搭載

2013 SP1(Ver.14)

  • MPIにInfiniBand ファブリックサポート拡張
  • C++11
    • Delegating constructors, Generalized constant expressions, char16_t/char32_t, Extended sizeof, Standard-layout and trivial types, Strongly typed enums, Rvalue references for *this, Raw string literals, Inline namespaces, Unrestricted unions, General initializer lists, Non-static data member initializers, Forward declared enums, Explicit virtual overrides, noexcept or allowing move constructors to throw, RValues, Explicit virtual overrides, override and final
    • C++11完全対応にはGCC 4.8以降も必要
  • OpenMP 4.0の主機能サポート
  • Advisor XEにさまざまなコア数でのスケーラビリティ予測機能(従来は32コアに制限)
  • Inspector XEにPurify、Valgrindの除外ファイルをインポートする機能、およびアプリケーション終了前にメモリリーク検出可能に。
  • VTune Amplifier XEにコマンドラインでのソースへのドリルダウン機能、関数コールツリー展開、GPU(インテル)の解析
  • コンパイラ(C++、Fortran)にベクトル化の強化、OpenMP 4.0サポート、SIMD構文(#pragma omp simd)

2013(Ver.13)

製品構成

付属ライブラリ

IPP(Intel Integrated Performance Primitives)

画像およびビデオ、通信と信号処理、データ処理の関数ライブラリ。
ベクトル化による高速化を実装している。並列化は 行っていない 一部の関数1でOpenMPを使って実装している。
インテルの他のライブラリ(Media APIほか)と被る関数群は今後廃止がアナウンスされている。
Audio Coding、Speech Coding、Image Compression、Video Coding、Small Matrices、Realistic Rendering、Generated Transforms、Data Integrity

マルチスレッド版、シリアル版のライブラリがある(「マルチスレッドバージョンの使用は非推奨」との記述をみかけた)

1 カラー変換、フィルタリング、たたみ込み、暗号化、相互相関、行列演算、距離の2乗、ビット数の削減、その他

TBB(Intel Threading Building Blocks)

スレッドをタスクに抽象化し、安定性、移植性とスケーラビリティーに優れたC++テンプレートライブラリ。
汎用並列アルゴリズム、コンカレント・コンテナー、タスク・スケジューラー、同期プリミティブ、メモリ割り当て

TBB 4.3
  • C++11サポート改善
  • task_arena完全サポート
  • メモリー割り当て改善
TBB 4.2
  • 最新インテルプロセッサ(TSX、Xeon Phi、Xeon Ivybridge-EP)
  • forkサポート向上

MKL(Intel Math Kernel Library)

スレッド化およびベクトル化された次の数学関数が提供されます。
  • 密線形代数: BLAS、LAPACK、信頼領域ソルバー
  • スパース線形代数: スパースBLAS、スパース形式変換、PARDISO直接法スパースソルバー、反復法スパースソルバー、プリコンディショナー
  • 高速フーリエ変換
  • 最適化されたLINPACKベンチマーク
  • ベクトル・マス・ライブラリ
  • 統計関数: ベクトル乱数生成器、サマリー統計ライブラリー
  • クラスターサポート: ScaLANPACK、クラスターFFT
  • バージョン11.1で再リンクするだけで性能向上あり

使用方法