プロジェクト

全般

プロフィール

Python ファイル入出力ライブラリ

色々な形式のファイルを入出力するライブラリについてまとめます。

設定ファイルの読み込み

さまざまな形式のテキストファイルに設定を記述しておき、プログラム実行時に設定ファイルを読み込みその設定に従って処理を行うことが目的です。

settings

Python 3標準搭載ライブラリです。Pythonプログラムと同じディレクトリに、settings.py の名前で設定ファイルを保管します。
プログラムでは、settingsライブラリをimportするだけで、settings.pyの設定内容が参照可能となります。

  • settings.py
    front = 'Alfa'
    center = 'Bravo'
    back = 'Charlie'
    
  • use_settings.py
    import settings
    
    print(f'front = {settings.front}')
    print(f'center= {settings.center}')
    print(f'back  = {settings.back}')
    

configparser

Python 3標準搭載ライブラリです。INI形式のファイルを読み込みます。

  • settings.ini
    [ARRANGE]
    front = Alfa
    center = Bravo
    back = Charlie
    
  • use_configparser.py
    import configparser
    
    config = configparser.ConfigParser()
    config.read('settings.ini', 'UTF-8')
    
    print(f'front={config.get("ARRANGE", "front")}')
    print(f'center={config["ARRANGE"]["center"]}')
    config_arrange = config['ARRANGE']
    print(f'back={config_arrange["back"]}')
    
  • セクションとキーを指定してgetメソッドで取得する方法
    config.get('ARRANGE', 'front')
  • セクションとキーを指定して角括弧で取得する方法
    config['ARRANGE']['center']
  • セクションを指定して取り出してから、キーを指定して取得
    config_arrange = config['ARRANGE']
    config_arrange['back']