プロジェクト

全般

プロフィール

C♯コーディング規約

出典

Microsoft提供

世の中公開されている規約

規約

Visual Studioの静的解析ツール(FxCopおよびStyleCop)を使用する

レイアウト

  • Visual Studioのコードエディタの既定を使用する1
    • インデントは4文字、空白文字を使用
    • 1つの行には1つのステートメント
    • 1つの行には1つの宣言のみ
    • 継続行にインデントが自動設定されない場合は、4空白文字を使用

コメント

  • アスタリスクを整形したブロックでコメントを囲まない1

言語ガイドライン

  • 短い文字列を連結するときは、+演算子を使用1
  • ループ内で文字列を追加する場合は StringBuilder を使用1
  • ローカル変数の型は、代入の右辺から明らかである場合または厳密な型が重要でない場合は暗黙の型指定(var)を使用1
  • unsigned型よりもint型を使う1
  • 宣言行で配列を初期化するときは簡潔な構文を使用1
  • デリゲート型のインスタンスを作成するときは簡潔な構文を使用1
  • usingステートメントを積極的に使ってコードを簡潔にする1
    • try-finallyステートメントでfinallyブロックのコードがDispose呼び出しだけの場合はusingステートメントを使う
  • オブジェクト初期化子を使用してオブジェクトの作成を簡略化1
  • 後で削除する必要のないイベントハンドラーを定義する場合は、ラムダ式を使用1