プロジェクト

全般

プロフィール

CentOS 6を仮想化ゲスト用にインストール

KVMゲストとしてCentOS 6をインストールしたときのメモです。

minimalインストール

KVMゲストとして運用するときは、ディスクサイズ(イメージファイル)を小さくしておくとバックアップなどの効率がよいので、minimalインストールをしてから必要なものだけ追加するという構築をしています。

minimalインストールに追加するパッケージ

KVMゲストとして運用するときに、minimalインストールしたCentOS 6に、追加してインストールするべきものを列挙します。

acpid

KVMホストからKVMゲストをシャットダウンするときに必要です。これがないと、ホストを停止するときに困ってしまいます。

~$ sudo yum install acpid

openssh-clients

KVMゲストにscpでファイルを転送するときに必要です。これがないと「コマンドが見つかりません」エラーが出ます(もちろん送り元にはscpコマンドはあります)。

KVMゲストとしてインストールした直後

ネットワーク設定

udevの設定

仮想マシンをクローンで生成したときは、MACアドレスがクローン元と変更になるので、/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesをMACアドレスに合わせて変更する必要があります。

  • 手っ取り早い方法
    70-persistent-net-rulesファイル自身を削除して再起動すると、MACアドレスに合わせて再生成されます。