プロジェクト

全般

プロフィール

Linuxリモートシェル

セキュアシェル

telnet、ftp、rsh、rcpなどはリモート計算機の操作における認証にパスワードを用い、またパスワードが平文で流れてしまいます。
ネットワークをキャプチャするとパスワードが簡単にわかってしまいます。

そこで、セキュアなリモートシェルであるssh、sftp、scpなどを使います。認証にはパスワードまたは公開鍵が使えます。セキュアシェルではパスワードが暗号化されますが、さらに公開鍵の方が安全性が高いです。

コマンド操作

コマンド操作一覧

ユーザー名/認証鍵ファイルを別に作成した場合のコマンド操作

ローカルマシンのユーザー名とリモートマシンのユーザー名が違う場合、および認証鍵ファイルが違う場合のコマンド操作です。

リモートホスト名: host.example.com
ユーザー名: tom
ポート番号: 50022
認証鍵(秘密鍵)ファイル: ~/.ssh/id_rsa_example_com

ssh

~$ ssh tom@host.example.com -p 50022 -i ~/.ssh/id_rsa_example_com <コマンド>

scp

~$ scp -P 50022 -i ~/.ssh/id_rsa_example_com tom@host.example.com:arc