プロジェクト

全般

プロフィール

VSCode エディタ設定

目的

汎用のエディタに関する設定を記載します。

変更した設定は、%APPDATA%\Code\Uesr\settings.json に保存されます。

表示に関する設定

フォント

フォントの大きさ

[View]メニュー > [Appearance] > [Zoom In]または[Zoom Out]で VSCode全体のフォントを大きく/小さくできます。
キーバインドは、Macでは Zoom Inが⇧⌘-、Zoom Outが⌘-

エディタ領域だけフォントを大きく/小さくすることもできます。

Mac: [Code]メニュー > [Preferences] > [Settings] で、検索バーに Mouse Wheel Zoom(部分一致で候補が出てくる)と入れて、Editor: Mouse Wheel Zoom 設定項目のチェックを付けます。
すると、次の操作でエディタ領域のフォントを大きく/小さくすることが可能です。その他の領域は大きさはそのままとなります。

  • Ctrlキーとマウスホイール
  • [Mac] Ctrolキーとトラックパットのスクロール(2本指で上下スライド)
  • [Mac] ピンチ(2本指を広げる/狭める)

記号(タブ・空白文字)の可視化

Mac: [Code]メニュー > [Preferences] > [Settings] を選択し、whitespace を入力すると、Editor: Renderer Whitespace が表示されるので、デフォルトのselectionをallに変更する。

  • デフォルトのselection設定は、テキストを範囲選択したときにのみ、記号(タブ、空白文字)が可視化

エディターに表示するフォントの指定

Filesメニュー > Preferences > Settings で設定タブを開き、Text Editor > Fontとドリルダウンし、Font Familyに使用するフォントを列挙します。
デフォルトは、Consolas, 'Courier New', monospace となっています。最初に記載したフォントが優先されます。フォント名に空白が含まれる場合、シングルクォートでフォント名を囲います。

'UDEV Gothic', Consolas, monospace

"editor.fontFamily": "'UDEV Gothic', Consolas, 'Courier New', monospace" 

ターミナルのフォントは別に設定が必要です。設定タブで Features > Terminalとドリルダウンします(terminal.integrated.fontFamily)。デフォルトは空で、エディタのフォント指定を使用します。

入力に関する設定

キー入力

キーバインドをEmacsにする

エクステンションから Emacsキーバインドをどれかインストールします。
更新がまめな Awesome Emacs エクステンションがよいかと思います。
エクステンションをインストールすると早速 Emacsキーバインドが使えるようになりました。

tabコードを入力する

デフォルトでは、tabキーを入力すると、空白文字に展開されます。
tabコードを入力するには、


6ヶ月前に更新